DMMオンラインサロン

西島知宏さんの「街クリ映画部」の口コミと評判【映画コミュニティ】

「オンラインサロンで映画を語れるって本当?」

「映画について発信をしたい!」

「オンラインだけじゃなくてオフラインもあるといいな。」

 

芸能人やタレントのオンラインサロンは数あれど、映画について語り合えるオンラインサロンが西島知宏さんの「街クリ映画部」です。

今回は、そんな西島知宏さんが運営する街クリ映画部についてオンサロファン!」より詳しく紹介していきます!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
街クリ映画部は映画好きなら誰でも大歓迎のオンラインサロンです。趣味に特化したオンラインサロンの中でも男性も女性も幅広い年代の方が楽しめます。オンラインサロンながらオフラインでも交流できる街クリ映画部とはどんなものなのか、見ていきましょう!

\【比較対象100以上!】おすすめのオンラインサロンをランキング付け!/≫【厳選】おすすめのオンラインサロンを確認する!

スポンサーリンク

【まず..】街クリ映画部を運営している西島知宏さんとはどんな人物?

2003年、コピーライター、CMプランナーとして電通に勤務。電通退社後、BASEを設立。

奈良市の県紙、奈良新聞社の取締役にも就任するクリエイティブディレクター、編集者です。

2015年、Webメディア「街角のクリエイティブ」を立ち上げ編集長に就任。

さらに街クリの映画コラムを楽しむ街クリ映画部を発足しました。

著書『思考のスイッチ~人生を切り替える11の公式~』は2016年2月にAmazonで1位を獲得

同年11月には韓国版も発売するほどの人気ぶりです。

オンサロちゃん
オンサロちゃん
西島知宏さんを中心に立ち上げた街角のクリエイティブは、月間ページビュー100万人を超えます!CMプランナーとしても活躍され、国内外でも多数の受賞歴を誇ります。『思考のスイッチ~人生を切り替える11の公式~』は日本のみならず、韓国進出も果たしているのですね。 街クリ映画部では幅広い経歴も知識も持ち合わせた西島知宏さんを中心に、楽しく活動できます。

スポンサーリンク

西島知宏さんが運営する街クリ映画部の概要とコンセプトについて

西島知宏さんが運営する街クリ映画部
おすすめ度
開催者西島知宏
運営媒体Facebook
開催場所オンライン(Facebook)、オフラインで開催
月額料金1,000円
プラットフォームDMMオンラインサロン
サロン概要西島知宏による会員制コミュニケーションサロン
街クリ映画部で得られる参加特典!
  1. 映画鑑賞に、聖地巡礼、トークイベントも!
  2. 映画コラムの書き方講座を開催!
  3. サロン内コンペで原稿料をゲットのチャンス!

街クリは”日本で一番イケてる映画コミュニティ”にすべく奮闘しているコミュニティです。

編集長である西島知宏さんを中心に、複数のライターが熱いコラムをお届け

そこに映画好きのメンバーが集まり、映画鑑賞、プロのカメラマンとの聖地巡礼、飲みながら食べながら映画について語り合うなどの活動をしています。

映画コラムの書き方を学べたり、サロン内コンペが開催されたりとその活動内容は大充実!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
街クリは西島知宏さんを始め、『読みたいことを、書けばいい。』の田中泰延さん、求人広告制作・コピーライター・販促プランナーを経験した金子ゆうきさん、デザイナー兼ライターのさかかなさんなど、個性派のライターさんで成り立っているコミュニティです。ゲストもお招きしての映画コラム講座やトークイベントは、映画好きにはたまりませんね。

西島知宏さんが運営する街クリ映画部の5つの特徴とメリット!

  1. 特徴1:映画について語り合える!
  2. 特徴2:映画のコラムの書き方について学べる!
  3. 特徴3:プロカメラマンと聖地巡礼に行ける!
  4. 特徴4:定期的に映画コラムのコンペを開催!
  5. 特徴5:話題の映画のトークイベントに参加できる!

街クリ映画部は映画好きのためのオンラインサロン。

他にはない!?街クリ映画部ならではの豪華な特徴とメリットについてまとめました

特徴と得られるメリット1:映画について語り合える!

街クリ映画部は新しい映画コラムが公開になるたびにスレッドを立ちます。

オンラインでメンバーそれぞれが最近見た映画の話を共有。酷評や裏話などもどんどん共有できるかも。

またオフラインでは、映画を見て二次会では食べながら飲みながら映画について語るなどの活動も。

得られるメリット

映画についてメンバーから自分では思いつかなかった視点の意見も聞けるかも!オンラインでもオフラインでもディープに語り合える!

特徴と得られるメリット2:映画のコラムの書き方について学べる!

街クリ映画部では、映画を見て意見交換するだけでは終わらせません。映画コラムについてゲスト講師から学べるんです。

「こんな映画を見た。楽しかった。微妙だった」とメンバー間で語り合って終わりではなく、「もっと映画の魅力について外に発信したい!」という方はコラムの書き方について学べるんです。勉強になりますね。

得られるメリット

ただの映画好きのためのコミュニティではなく、外に映画愛を発信する方法も学べる!

特徴と得られるメリット3:プロカメラマンと聖地巡礼に行ける!

大好きな映画の聖地で写真を撮れたら嬉しいですよね。

でも自分や友達が撮ると、正直いまひとつな仕上がりになってしまう・・。

でも街クリ映画部ならプロカメラマンと一緒に聖地巡礼できるから、まるでその映画の登場人物になりきったような写真を撮ってもらえます

得られるメリット

プロのカメラマンにロケ地で映画のワンシーンのような写真を撮ってもらえる!

特徴と得られるメリット4:定期的に映画コラムのコンペを開催!

街クリ映画部では定期的に映画コラムのコンペが開催されています。

上位入賞者はなんと原稿料をゲット!

映画について語り合うだけにとどまらず、映画の魅力を伝える映画コラムニストとして活躍したい方にとっては絶好の機会です。

得られるメリット

原稿料をゲットして、街角クリエイティブでデビューのチャンス!

特徴と得られるメリット5:話題の映画監督のトークイベントに参加できる!

映画監督や関係者のお話を聞けるのも街クリ映画部の魅力です。

映画について自由に語るのも楽しいですが、映画関係者の意見が聞けたら、ファンとしては胸熱ですね

映画関係者によるトークイベントに参加できるのも楽しみの一つです。

得られるメリット

大好きなあの作品の監督、関係者のお話を聞ける!

 

街クリ映画部は西島知宏さんなどによる映画コラムを核に、映画好きが語らうオンラインサロン

これからいろいろな映画を見ていきたい人にもおすすめです!

オンラインでもオフラインでもアクティブに活動していることが分かりますね。

映画について語るためのイベントや交流会も盛りだくさんです!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
街クリ映画部は、西島知宏さんを始めとするライターさんによるWebメデイア「街角クリエイティブ」から発足したオンラインサロン。それぞれが見た映画、さらにオンラインの世界から飛び出して、楽しく飲んだり食べたり、聖地巡礼もできるから、映画好きには嬉しいですね。

【評判を確認!】街クリ映画部に関する口コミをまとめてみた!

  • 実際の口コミ
  • Twitter(ツイッター)の口コミ・呟き
  • Instagram(インスタグラム)の口コミ・投稿

街クリ映画部の魅力が少しでもお分かりいただけたでしょうか。

そこで気になるのが街クリ映画部のメンバーのリアルな声です。実際メンバーの方々はどんなふうに思っているのか、まとめました

Twitter(ツイッター)の口コミ・呟き

Instagram(インスタグラム)の口コミ・投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

街角のクリエイティブ これはコラムについて語り合うオンラインコミュニティ、 「街クリ映画部」オフ会の体験レポートである。 2019年7月31日水曜日 19:00 渋谷パセラ 会費3,500円 3時間 ソフトドリンク飲み放題 アルコール別料金 20人ほどが集まった室内にて、人見知りな僕はコミュ症を発揮していた。 サロン会員は老若男女が揃っており、誰もが初対面である。どう話しかければいいのか分からない。 意を決して話しかけてみたり、話しかけられたりするも、会話が続かない。気まずい。 映画について語り合いに来たはずなのに、僕はファーストコンタクトから躓いていた。 緊張で空気が重い。居た堪れなくなったため、隅っこの席に一人で座る。 その様子を見かねたのか、西島編集長が僕を手招いてくれた。 「こっち来なよ」 断るのも変な話のため、僕は彼の隣の席に移動する。 すると肩に手を回された。大きくて平べったい、男らしい手のひらだ。 「ビール飲む?」 僕を酔わせて、一体どうするつもりなのだろう?(どうもしねーよww!!) 事前にアルコール類は別料金と聞いていたので、僕は体良く断った。 で、オフ会である映画部の日は何をするのか? それは映画鑑賞だ。 タイトルは『マッドマックス 怒りのデスロード』である。 会場の大きなモニターで映画を流しつつ、飲み食いしながら談義するのが今回の趣旨だ。 しかし問題が発生する。DVDをプレイヤーに入れても映像が流れない。 原因不明の機材トラブルにより、スタートが大いに遅れた。 その間に自己紹介タイムなどを挟むも、事態は一向に改善しない。 あまりの段取りの悪さに激怒した西島編集長は、なんと服を脱いで半裸となった。 そして幹事の宮下さんを名指しで呼びつけ、あろうことか掴みかかったのである。 これに応戦する宮下さんも服を脱ぎ捨て、何故か二人は相撲を取り始めた。 同じく幹事のみる兄さんが仲裁に入るが、激しく衝突する二人を止められない。 てか、おかえもんさんの胸元、なんか開きすぎじゃない? 相撲で目の前の敵を倒すことしか考えていない、西島編集長と宮下さん。 その激しい相撲の余波を受け、何故か服がはだけてしまうみる兄さん。 おかえもんさんの胸元セクシー。 やがてイケメン店員が修理に来たことで、西島編集長と宮下さんは気恥ずかしそうに服を着る。 許可を取らずに大人数で上映を楽しむのは、権利的にグレーなゾーンではあるのだが、まぁ僕のインスタなんて誰も見てないよね。 お腹が空いていたため、上映が始まっても食べることに集中する。僕は既に劇場で観たことがあり、映画そっちのけでパスタを啜り続けた。ずぞぞぞぞ! どちらかと言えば、マッドマックスは食欲が減退する映画だろう。別に僕もマッドマックスで食欲が増進されたわけではないが、一人暮らし歴の長い男性は特殊な訓練を受けているため、エロやグロを見ながらでも飯が食える特殊技能を身につけている。 また他の人は映画に気を取られており、その間に談義しようとする様子は見受けられない。話さなくても良くなった僕は気が楽になり、暗い室内に乗じて黙々とパスタを啜り続ける。ずぞぞぞぞ! 水面下で唐揚げを奪い合う。 で、映画が終わり、やっと談義タイムとなった。 しかし、開始が遅れたこともあり、残り時間は10分程度しかない。 急いでコミュニケーションを取ろうとするも、またもや問題が発生する。 原因は、今回の映画が『マッドマックス 怒りのデスロード』であることだ。 そう、観客である我々の知能指数が、下がりに下がりまくっていたのである。 ヒャッハー!! ズゴン! バゴン! ドガガガガ! ボーン! ボーノボーノ!! ボボボーボ・ボーボボ!! うっひゃあ! わっひゃあ! オソロボロソボローっ!! パスタずぞぞぞぞ! タッパタッパ! カラアゲヨコセ! 室内は阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた。 映画について語り合いたいのに、知能が感情に追いつかない。 感動を言語化できない。もどかしさで死に悶えてしまう。 僕は何のために映画部に入り、サロン会員になった? 映画仲間を作るためではなかったのか? 悔しさで涙が出る。コミュ症なんて言ってられない。 それなのに何もできず、何も爪痕を残せず終わってしまうのか? 時間も会費も無駄に終わるのか? それだけは嫌だ! たとえ意思疎通ができずとも、皆の心は一緒だった。 このままでは終われない。 幹事である宮下さんは、特に責任感が強かった。 せっかく来てくれたサロン会員を、おめおめと帰すわけにはいかない。 せめて締めの言葉だけでも、意地でも言語化してやる。 その執念はさながら、世界の中心でアイを叫んだケモノのようだった。 「アルコール飲んだ人は500円払ってくださぁい!!」 解散!! ドッッッッン!!!! #街クリ映画部 #マッドマックス #オフ会 #体験レポート

SakuMayaさん(@getback81)がシェアした投稿 –

オンラインサロンというクローズドなコミュニティの特性上、また街クリ映画部自体発足間もないからか、ブログなどでの情報はありませんでした。

一方気軽に感想を投稿できるTwitter、インスタグラムからは楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

西島知宏さんを始めとするライターやメンバーが温かく迎え入れてくれる、楽しいオンラインサロンです。

オンサロちゃん
オンサロちゃん
西島知宏さんを始めとするライターさんが街クリ映画部の発足を発表しだしたのは2019年の6月ごろ。まだ新しいオンラインサロンなのですね。これからもっともっと情報が出てくると思いますので、お見逃しなく!

こんな人は街クリ映画部に参加することをおすすめします!

  1. 街角のクリエイティブのファン!
  2. 映画が大好き!
  3. 映画について語り合える仲間が欲しい!
  4. 聖地巡礼に行きたい!
  5. コラムの書き方を学びたい! etc..

街角クリエイティブのコラムが大好きで、自分も誰かと映画について熱く語りたい。
いろいろな映画についてもっと詳しくなりたい。

街クリ映画部は映画が好きな人なら誰でもウェルカムなオンラインサロンです。

オンラインサロンだけどオンラインにとどまらず、聖地巡礼をし、映画のワンシーンさながらの写真をプロの手で撮影してもらえたり、美味しいものを食べながらお酒を飲みながら直接街クリ映画部のメンバーと語れるなど、ワクワクすることがいっぱいです

また、魅力的なコラムの書き方について学べるから、まだ映画を見ていない人にも伝える術を身に付けたいという人にはうってつけのオンラインサロンですね。

オンサロちゃん
オンサロちゃん
街クリ映画部は映画について語り、聖地巡礼などもできる趣味サークルのような面もありながら、コラムの書き方、トークイベントなど収益につながる学びができるオンラインサロンです。楽しむだけでは終わりたくない。西島知宏さんを中心とするライターさんのように、この感動をワクワク感を誰かに伝えたいという方はぜひ街クリ映画部へ入っちゃいましょう!

まとめ

  • とにかく映画が大好き!
  • 好きな映画について語りたい。もっと深く知りたい。
  • 好きな映画を街クリのライターのように発信していきたい!

映画が好きで語れる仲間を探している。もっといろんなジャンルの映画に触れたい。

こんな方は街クリ映画部への参加がおすすめです。

さらに映画の魅力を伝える発信側にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか

映画好きのためのオンラインサロン、街クリ映画部でオンライン、オフライン共に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

西島知宏さんが運営する街クリ映画部の詳細情報!

おすすめ度
開催者西島知宏
運営媒体Facebook
開催場所オンライン(Facebook)、オフラインで開催
月額料金1,000円
プラットフォームDMMオンラインサロン
サロン概要西島知宏による会員制コミュニケーションサロン

街クリ映画部の詳細はこちら

【2020年徹底比較】人気でおすすめなオンラインサロンランキング!【2020年9月更新の最新情報】「オンラインサロンに興味があるんだけどどれが人気なの?」「人気オンラインサロンの特典や口コミを知りたい!」」今回はそんな人達のために人気でおすすめなオンラインサロンをランキングにしてまとめてみました!...
キングコング西野亮廣さんの西野亮廣エンタメ研究所の口コミと評判!【2020年8月更新】「西野亮廣エンタメ研究所って気になるんだけど、どんなサロン?」「西野亮廣エンタメ研究所の利用者の口コミって良いの?」今回は西野亮廣エンタメ研究所について詳しくまとめてみたので、早速みていきましょう!...
ホリエモンのHIU堀江貴文イノベーション大学校の口コミと評判!「ホリエモンのオンラインサロン、HIU堀江貴文イノベーション大学校に入ってみたい!」「HIU堀江貴文イノベーション大学校について他のオンラインサロンとどこが違うの?」最近SNSでもよく聞くようになったオンラインサロン。規模数トップクラスのオンラインサロンに、「HIU堀江貴文イノベーション大学校」を詳しくまとめました!...
やまもとりゅうけんさんが運営する「人生逃げ切りサロン」の口コミ評判「人生逃げ切りサロンを運営しているやまもとりゅうけんさんってどんな人?」「人生逃げ切りサロンってどんなオンラインサロンなのか教えて!」今回は、そんなやまもとりゅうけんさんが運営している人生逃げ切りサロンについて「オンサロファン!」が詳しく紹介していきます!...
【本物】霊能者クロ戌のスピリチュアルサロンの口コミ評判まとめ!「スピリチュアルの世界に興味がある!」「本物の霊能者に占って貰いたい!」「価値観の合った仲間と喜びをシェアしたい!」今回は"本物の霊能者"の称号をもつ黒戌仁 -クロ戌-さんの『霊能者 クロ戌のスピリチュアルサロン』を「オンサロファン!」が詳しく紹介していくので参考にしてみて下さいね!...
個人運営でも成功するオンラインサロンの立ち上げ方【自分で作る!】「オンラインサロンって自分で立ち上げて運営する事って出来るの?」「オンラインサロンの仕組みってどうなってるんだろう...」「オンラインサロンの立ち上げ方について詳しく知りたい!」今回は個人運営でも成功するオンラインサロンの立ち上げ方について「オンサロファン!」が詳しくまとめましたので、興味のある方は参考にしてみてください!...
Build Salonの公式画像
【9月のおすすめサロン!】メモ魔塾
サロン画像

アーティストやタレント、歌手などのライブ配信プラットフォームとして有名な「SHOWROOM」の社長である前田裕二さん。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの”次世代を切り開く20代のリーダー”に選出されるなど、その実力は世界からも認められているほどです。

そんな前田裕二さんが強く推奨しているのが「メモの力」!

著書「メモの魔力」でもメモの重要性やその力について力説しており、前田裕二さんが成功した要因の一つともおっしゃっています。

メモ魔塾では、「メモの力」や「ためになるメモの書き方」、前田祐二さんの考え方などを知れる魅力的なオンラインサロンとなっています♪

詳細ページ公式ページ

RELATED POST