オンラインサロンについて

個人運営でも成功するオンラインサロンの立ち上げ方【自分で作る!】

「オンラインサロンって自分で立ち上げて運営する事って出来るの?」

「オンラインサロンの仕組みってどうなってるんだろう…」

「オンラインサロンの立ち上げ方について詳しく知りたい!」

 

最近、芸能人や著名人の方が続々とオンラインサロンを開設しており、ニュースやテレビでも話題になるようになった事から、オンラインサロンの運営に興味を持つ方も増えてきています。

今回は個人運営でも成功するオンラインサロンの立ち上げ方について「オンサロファン!」が詳しくまとめましたので、興味のある方は参考にしてみてください!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
個人でもオンラインサロンは立ち上げる事は可能です!今回は、個人運営の方法を詳しく紹介していきますので、興味のある方は参考にしてみてください♪

早速オンラインサロンの作り方を確認する!

スポンサーリンク

オンラインサロンって自分で作ることはできるの?

オンラインサロンの作り方って聞くとなんだか難しく聞こえてしまうかもしれませんが、実際はしっかりと手順を踏んで行えば誰でも開設する事が出来るんですよ♪

オンラインサロンは参加して利用するイメージがありますが、自分でオンラインサロンを開設して情報発信やコミュニティ活動をしてる方もたくさんいます!

今回の記事では、手数料がかかってしまう企業プラットフォームでの立ち上げではなく、個人でのオンラインサロンの立ち上げ方について詳しく紹介していきます。

FacebookなどのSNSを使ったコミュニティや月額の決済方法を学び、個人運営のオンラインサロンを立ち上げてみましょう♪

オンサロちゃん
オンサロちゃん
オンラインサロンは個人でも立ち上げる事ができます!今回の記事を参考にしながら、情報発信の場やクローズドなコミュニティとなるオンラインサロンを自分で作ってみましょう♪

オンラインサロンを個人で立ち上げ運営していくメリットとデメリット

オンラインサロンを個人で立ち上げる手順の解説の前に、メリットやデメリットを紹介していきます。

ただ、やみくもに猪突猛進で個人運営を始めるのではなく、しっかりと良し悪しを把握してから立ち上げていきましょう!

オンラインサロンを個人で立ち上げ運営する5つのメリット

  • 企業プラットフォームを通してないため、運営費用や手数料が安く済む!
  • サロンコンテンツを閲覧するためのプラットフォームを自由に作れる!
  • 審査や規約に縛られずに運営出来るので、自由度が高く、すぐに始める事が出来る!
  • 月額料金も自由に設定出来るので、永久的に0円に設定することも可能である!
  • 参加者は企業プラットフォームに登録せずにすぐに参加できるので手間がかからない!

オンラインサロンを個人で立ち上げ運営する3つのデメリット

  • オンラインサロンの立ち上げを全て自分で行うので、時間と手間がかかってしまう!
  • 決済周りや入退会手続きなどでトラブルが起きたら、全て自分で対処していかなければいけない!
  • DMMなどのプラットフォームと比べて、新規の閲覧者が不安になってしまう事がある!

メリットとデメリットのまとめ!

オンラインサロンを個人で立ち上げて運営していく場合は、自由度が高くて手数料がかからない事が大きなメリットとなっています!

それ以外にも参加者の手間が省けて利便性が上がったり、月額料金を自由に設定できるのも個人運営の特徴と言えます♪

デメリットとしては、トラブルが生じた場合にはサロン運営者に全責任があるため、自分で対処していく必要があります。

基本的に企業プラットフォームで運営する際も集客や運営は自分で行います。

多少開設には手間がかかってしまいますが、そこを乗り越えられれば達成感や収益は個人運営の方が大きく返ってきますよ♪

オンサロちゃん
オンサロちゃん
初めての事で不安があるかもしれませんが、せっかくやるなら収益も達成感も大きい方がいいですよね!目の前の手間を越えた先には、新しい環境が待っていますよ♪

【ちなみに..】オンラインサロン運営におすすめな媒体をまとめてみた!

媒体名 簡単な特徴 おすすめ度
Facebook 実名でしか登録ができないので、炎上などの心配なし!投稿履歴が遡ってみれて、グループ機能も充実しており、オンラインサロンの多くが媒体として利用している。
LINE LINEスタンプを使えて気軽なコミュニケーションができるので、コミュニティ内が活性化しやすい。個人LINEと同じ使い勝手なので、スムーズに使える。
Discord 多機能でボイスチャットやライブチャット機能が豊富。ピン留め機能がありオーナーが特にみて欲しい記事を目立たせることができる機能。
Twitter ツイッターの機能そのままで、Twitterの公式機能である「非公開ツイート」設定を行うことで、リクエストを承認した限られたメンバーのみツイートをみれる。
Instagram DMのグループチャットを使ってコミュニケーション媒体として使います。使い方は非常にシンプルでメール・動画・画像投稿など最低限の機能が揃っている。
Slack プロジェクトごとにチャンネルを分けてメッセージ管理できる。無料プランから有料プランまである。

オンラインサロンに最適な媒体はいくつかあります。

中でもFacebookでオンラインサロンを運営しているオーナーが非常に多いのが現状です。

Facebookでは数あるオンラインサロン媒体の中でも、実名でしか登録ができないので、炎上しづらく、投稿に関しても参加以前に遡って閲覧することもできます。

ですので、新しいメンバーが入るたびに同じ情報を共有する必要がなく、オンラインサロンオーナーとしてもメンバーとしても非常に利便性が高いサロンだといえます。

オンサロちゃん
オンサロちゃん
オンラインサロンの媒体選びは実はとても重要です!利用者の年代によって、使っていないSNSもあるので、利用者目線でも考えて最適な媒体を選んでみてくださいね!

個人でオンラインサロンを運営するならFacebookが一番おすすめ!

Facebookをおすすめしている画像
  • 利用料金が無料!
  • 審査や規約に縛られずに運営出来るので、自由度が高く、すぐに始める事が出来る!
  • ライブ配信や動画・写真の投稿もスムーズに対応!

オンラインサロンではFacebookがよく媒体として選ばれている傾向にあります。

その理由として、利用料金が無料で、オンラインサロンに必要な機能は全て揃っているという点です。

スキルシェアなどで使いやすいライブ配信や、動画・写真の投稿も上限なしでできるので、非常に利便性が高いです。

Facebookでは細かく公開設定もできますし、過去に投稿した内容も途中参加の方でも見れるというメリットもあります。

LINEと比較すると、LINEのグループ機能は人数制限もあり、参加以前の投稿が見れないのに対して、Facebookではそのような心配がなく利用ができるので、非常に人気が高い媒体だといえます。

オンサロちゃん
オンサロちゃん
媒体を突然別の媒体に変更するとなると、とても大変です!なので機能面でストレスの少ないFacebookを選ぶ人が圧倒的に多いようですね!

自前のオンラインサロンを運営する費用ってどれくらい必要?

Facebook(非公開コミュニティ) 0円
毎月決済手数料(PaiPal) 月30万以下 3.6 % + 40 円 / 件
自作プラットフォーム代(ワードプレス ・ドメイン・サーバー) 月額1100円
その他経費 自分の開催するジャンル次第
合計 1100円+決済手数料

オンラインサロンを運営するために必要な経費は、ワードプレスを使ってしっかりプラットフォームを作った場合の月々1100円程度の費用と参加者の月額決済手数料ぐらいです!

他にも、ワードプレスを使わずにFC2やブログをプラットフォームとして使用するのであれば、必要経費はほとんどかかりません♪

その他の経費としては、参加者に還元する際に発生する経費です。

例えば、参加者が楽しめるように開催者負担でお茶会を開く場合などがあれば、その他の経費はその状況によって変動します!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
オンラインサロンは、オンライン上のコミュニティなので、場所を借りたり道具を用意する必要はありません。必要経費が少額で済むのもオンラインサロンの嬉しい特徴です♪

【開設は意外と簡単?】個人でできるオンラインサロンの作り方・立ち上げ方

  1. STEP1:Facebookアカウントを作成する
  2. STEP2:オンラインサロンのプラットフォームを作成する
  3. STEP3:会員登録及び毎月決済してもらうための仕組みを作る
  4. STEP4:オンラインサロン完成

今回は、4つのSTEPに分けて基本的なオンラインサロンの立ち上げ方について紹介していきます。

オンラインサロンは誰でも立ち上げる事ができますので、順を追ってチャレンジしてみてください♪

STEP1:Facebookアカウントを作成する

facebookアカウントを作成している画像

まず始めに行うのは、Facebookアカウントの開設です。

オンラインサロンは、クローズドな環境かつオンライン上に存在する空間として、Facebookにある非公開グループ機能を使っていきます!

Facebookで作成した非公開グループに参加してもらうことで、限定された空間でメンバーと交流したり、情報発信を行う事ができます♪

STEP2:オンラインサロンのプラットフォームを作成する

オンラインサロンのプラットフォームを作成する画像

次に行うのは、オンラインサロンの看板であり、参加者にとっての入り口となるプラットホームの作成です。

まず、サイトのURLとなる(ドメイン)の取得とインターネット上にサイトを設置するための土地(サーバー)を用意します。

その後、用意した土地(サーバー)に、サイトを簡単にデザインしたり、管理する時に使うワードプレスをインストールします。

ここまできたら後は、サイトの閲覧者がわかりやすいようにサイトをプラットフォームにデザインするだけです!

また、デザインの際には、入会希望者の方がその意志を伝えるための連絡先ページを設置したり、FacebookにDMを送ってもらうよう促す文章を載せておくと良いですよ♪

STEP3:会員登録及び月額決済するための仕組み作り

仕組みを考えている人の画像

オンラインサロンを立ち上げたい方のほとんどが月額料金を考えていると思います。

毎月自動決済の仕組み作りには、口座開設が無料で銀行口座やクレジットカードなどの自動決済を取り扱ってるPayPalが便利なので活用していきましょう♪

また、入退会は「Facebookの非公開グループに参加したら入会」「Facebookの非公開グループを退出したら退会」という形にするのがわかりやすいです!

※Paipalの決済とFacebookの入退会は連動してないという事を忘れずにしてください!忘れると、退会したのに未だに月額が決済されてるというトラブルに繋がります。

STEP4:オンラインサロン完成!

オンラインサロンの完成です!

多少手間はかかりますが、誰にでもオンラインサロンは立ち上げる事ができますのでぜひ参考にしてチェレンジしてみてください♪

利用規約の記載や運営する上でのルール、法律も調べてからオンラインサロンを始めればより安全にオンラインサロンを運営していく事ができますよ♪

 

以上の4STEPでオンラインサロンの立ち上げ方について詳しく紹介しました。

今回は、基本的なオンラインサロンの立ち上げ方の紹介をしましたが、コミュニケーションを取ったり、情報発信を行うだけであればFacebookの非公開グループだけでも十分と言えます!

まずは運用してみて、余裕が出てきたらオフ会の開催や動画配信などを行なって参加者の満足度を上げていくのも良いですね♪

オンサロちゃん
オンサロちゃん
オンラインサロンって聞くと難しく聞こえがちですが、意外と簡単にできてしまうんです!まずは運用してみて、その後にイベント開催やコンテンツの増設などでよりサロンを盛り上げていきましょう♪

個人運営のオンラインサロンを成功させる5つの秘訣!

  1. SNSを活用して、プロフィールや人柄を伝えて興味を持ってもらう!
  2. 月額料金を適正な金額に設定して、その対価となる情報を提供し続ける!
  3. サロン内で起きたトラブルは誠実に迅速に対応する!
  4. イベント開催やコンテンツの増設でメンバーに楽しんでもらう!
  5. 常に運営者が熱意や行動力を持ち、メンバーを魅きつける!

TwitterなどのSNSを活用して、オンラインサロンの開設を告知したり、自分の人柄を伝えることで少しでも多くの人に興味を持ってもらいましょう!

オンラインサロンで月額を設定する場合、必ずメンバーは支払った分の対価を受けとれるかを、当然ですが、そのオンラインサロンに参加し続けるかどうかの基準にします。

その対価には質の高い情報やコンテンツを配信し続ける事が何より大事です!

また、メンバーにとって、運営者が魅きつけられる存在であるかどうかも重要ですので、オンラインサロンに対する熱量やモチベーションを下げないようにしましょう♪

オンサロちゃん
オンサロちゃん
オンラインサロンで月額を払ってるのであれば、もちろん見返りが欲しいですよね!その対価の部分を常に考え、提供していく事が成功への秘訣と言えますよ♪

スポンサーリンク

個人運営とプラットフォームでの運営はどっちが成功しやすい?

個人運営 企業プラットフォーム運営
手間 手間がかかる 多少手間がかかる
運営費用 0円〜運用可能 0円〜運用可能
集客 全て自分で行う 多少宣伝してくれる
収益率 高い 手数料がかかる
自由度 高い 審査や規約がある
成功しやすさ 自分次第 自分次第
オススメ度 高い 高い

上記の表に個人運営と企業プラットフォーム運営の特徴を比較してまとめました。

企業プラットフォームはサロン開設までの流れが用意してあるので、手間がかからず、多少の宣伝もしてくれますが、その効果は僅かであり、管理や集客はほぼ自分で行う必要があります!

その僅かな優位差に売り上げの10〜20%を手数料として支払う必要があるので、多少の手間をかけてでも手数料がかからず、収益率の高い個人運営をおすすめします♪

オンラインサロンの参加者の満足度は、企業運営なのか個人運営なのかではなく、情報の質の高さや運営者の人柄などによって決まるので、成功するかどうかは自分次第ということです!

自分次第なのであれば、収益率の高い個人運営の方が成功しやすいと言えますよね♪

オンサロちゃん
オンサロちゃん
まずは個人運営でやってみて、難しそうであれば企業プラットフォームで運営するというのも良いですよね!後は、サロンを充実させて参加者が継続的に満足できるようにしましょう♪

【備考】「個人でやる自信はないけどオンラインサロンはやってみたい」という人は大手プラットフォームでスタートしよう!

握手する人の画像すでに紹介したように、個人でオンラインサロンを運営する場合は、決済や、広告宣伝も全て自分で行わなくてはいけないので、かなりの手間がかかります。

個人で活動されている方でしたら、時間のコントロールがしやすいですが、それ以外の方の場合何かの合間にオンラインサロンを運営しなくてはいけないので、大きな負担です。

余計な手間が増えて活動に集中できないようだったら、大手のプラットフォーム媒体を利用してオンラインサロンを立ち上げるのも一つの手だといえます。

多くの媒体は、開設にかかる費用負担がなく、売り上げの数%分が手数料として支払う義務が生じます。

ですが元手の資金がたとえなくても利用ができるので、もし一人で運営するのは厳しいと考える人は、ぜひ大手オンラインサロン媒体をうまく利用していきましょう!

オンサロちゃん
オンサロちゃん
個人運営で不安な人はぜひ、プラットフォームを使ってオンラインサロンをまずは軌道に乗せていきましょう!

まとめ

  • オンラインサロンは、企業プラットフォームを使わなくても誰でも立ち上げることができる!
  • オンラインサロンの個人運営は多少の手間はかかるが、収益率と自由度が高い!
  • オンラインサロンを成功させるには、サロンの内容と運営者の人柄で参加者を魅きつける必要がある!

今回は、個人運営でも成功するオンラインサロンの立ち上げ方について紹介しました。

個人運営のオンラインサロンは誰でも簡単に立ち上げることができて、収益率が高く、集客の工夫と継続的に参加者に満足してもらうことで成功させることができます!

ぜひ今回の記事を参考にしながら、オンラインサロンの立ち上げと運営に挑戦してみてください♪

オンラインサロンの作り方をもう一度確認する!

あわせて読みたい
【5分で説明!】流行している人気急上昇中のオンラインサロンとは?「オンラインサロンって最近話題だけどオンラインサロンってなに?」「オンラインサロンについて詳しく知りたい!」今回はそんなオンラインサロンについて詳しくまとめてみました!...
あわせて読みたい
月額無料で参加できて評判の良いおすすめのオンラインサロンTOP3!「オンラインサロンって最近話題だけど無料のとこもあるの?」「月額無料で人気のオンラインサロンについて詳しく知りたい!」今回は月額無料で評判の良いおすすめのオンラインサロンについて詳しく見ていきましょう!...
あわせて読みたい
オンラインサロンを利用するメリットとデメリットを解説!「オンラインサロンを利用するメリット・デメリットは?」「オンラインサロンってそもそもどんな活動をするの?」今回は、オンラインサロンのメリットデメリットについてオンサロファンがまとめました!...
あわせて読みたい
【詐欺?】宗教っぽく胡散臭いオンラインサロンの実態を暴露します!「オンラインサロンってなんか宗教みたいで怪しい。。。」「オンラインサロンは運営者を信用した参加者からお金を取る詐欺なの?」「オンラインサロンの実態が知りたい!」今回は、そんな宗教っぽくて胡散臭いと言われるオンラインサロンの実態について「オンサロファン!」が赤裸裸に暴露していきます!...